昨日の上野での雑感

昨日の上野での雑感
まず、松坂屋が変わりました
公式サイトはここ
https://www.matsuzakaya.co.jp/ueno/topics_cat1757.html
PARCOは
http://parcoya-ueno.parco.jp/pc/
パルコが上野で?という印象ですが
外が外国人ばかりですからねえ。
それも悪くはないのかと思う。
中は上野と違う、ラインアップだった。
「東京が好き」というショップでいただいた
手ぬぐいは画像。
ショップは
http://uenogasuki.tokyo/tag/station
です。
そして
上野公園に。
ここで弁財天に寄っていったのですが
ここに出ている屋台、
結構外国人が購入しているんですねえ。
「なんで?」と思うことも度々。
しかし、これ以上の意見は、、、ないということで。

あと公園のベンチに座っていた時
隣に座った親子の女子が「パンダ見たい」と。

そうか、パンダのお披露目が近いのか?
と思いました。
http://www.ueno-panda.jp/
こういうサイトがありました。

BBLの感想は別件。
そういえば「怖い絵」展
http://www.kowaie.com/

これ行きたい人は
若冲並みの混雑を覚悟。
私が行ったときは2時間30分待ちでした。

あとソフトバンクショップ。
上野広小路ヨドバシカメラにあるんですが
丁寧な対応でした。個人的にスマホの契約を変えに行ったので。汗

松坂屋に帰って
地下の「今半」イートインが増えたので
お弁当の質も上がった感じ。行列ができていて驚きましたよ。

昨日の上野での雑感

昨日の上野での雑感
まず、松坂屋が変わりました
公式サイトはここ
https://www.matsuzakaya.co.jp/ueno/topics_cat1757.html
PARCOは
http://parcoya-ueno.parco.jp/pc/
パルコが上野で?という印象ですが
外が外国人ばかりですからねえ。
それも悪くはないのかと思う。
中は上野と違う、ラインアップだった。
「東京が好き」というショップでいただいた
手ぬぐいは画像。
ショップは
http://uenogasuki.tokyo/tag/station
です。
そして
上野公園に。
ここで弁財天に寄っていったのですが
ここに出ている屋台、
結構外国人が購入しているんですねえ。
「なんで?」と思うことも度々。
しかし、これ以上の意見は、、、ないということで。

あと公園のベンチに座っていた時
隣に座った親子の女子が「パンダ見たい」と。

そうか、パンダのお披露目が近いのか?
と思いました。
http://www.ueno-panda.jp/
こういうサイトがありました。

BBLの感想は別件。
そういえば「怖い絵」展
http://www.kowaie.com/

これ行きたい人は
若冲並みの混雑を覚悟。
私が行ったときは2時間30分待ちでした。

あとソフトバンクショップ。
上野広小路ヨドバシカメラにあるんですが
丁寧な対応でした。個人的にスマホの契約を変えに行ったので。汗

松坂屋に帰って
地下の「今半」イートインが増えたので
お弁当の質も上がった感じ。行列ができていて驚きましたよ。

BBL:「魔笛」 AT 東京文化会館

BBL:「魔笛」 AT 東京文化会館
公式サイトはここ
http://www.nbs.or.jp/stages/2017/bejart/program_a.html
最近はBBLは一度しか公演がなく、再演がないという形が増えているので
これは抑えておきたかった。

ほぼ初日と同じキャスト。
イシス、オシリスあたりと二人の武士あたりが異なるだけ。

とにかく「弁者」を立てた時点で
カールベームの指揮するオペラ「魔笛」はBGMになります。
ここはすごくうまい。
そして、このオペラをBGMにしたバレエを
観客に提示する。
内容はそのまま。
少し、
私の感性からは
「水」で満ちている。そんな舞台。
「水」の感じが
すごくするのです。


あと、弁者とタミーノの絡みの具合が
すごくタミーノの内なるパッションを感じさせる。
「愛」の表現。
そして
ザラストロの絶対的強さ。(ちょっと
ローライズすぎる衣装もすごいものを感じた)

途中、人間の表現の限界を描いているのかな?という感じもしたが
最後のフィナーレにおいて
すべて吹っ飛んだ。
やはりベジャール
人類愛なんだ、と思ったね。
そしてモーツァルトもそう。
ザラストロ王国
の背景にある、オシリスとイリスの愛情を感じました。
そしてザラストロの愛情も
さらには
タミーノとパミーナの愛情も。
すべて愛で包まれた
フィナーレは感動モノでした。

ダンサーは
タミーノのガブリエル・アレナス・ルイス
パミーナのカテリーナ・シャルキナ
が良かった。
まあ大貫君も
夜の女王、あの「アリア」の時の舞台上は
かなり盛り上がっておりました、エリザベット・ロス
、さらにはザラストロの迫力のある
ジュリアン・ファヴローもブラボーでしょう。

録音テープでしたが
今回のベーム指揮のベルリンの演奏
ソリストのすばらしさは実感できました。

なにもかも
素晴らしい、本当に貴重な体験でした。これマジで。

ちなみに
オシリスとイリスは黒人ペアでした。本当に美しいフォルム。
ため息しか出なかった。

先日の信濃町の風景

先日の信濃町の風景
本日(17日)、千駄ヶ谷から信濃町にかけて出かけてきたのですが
とにかく、明日(18日のこと)
この辺に本拠がある、政党も営む、新興宗教の記念日みたいで
そこいらじゅうに
旗が立っておりました。
まあそれでなくても
うちの近くと同様に
この宗教の建物が多いのですけど。

さてと、
この辺りも
東京オリンピックにかけて
どんどん変わってきております。
新国立競技場はもちろんのこと
信濃町あたりはプレスセンターができると思う。
それなので
個人的に
中央総武線と呼んでいる、秋葉原と代々木の間も
どんどん騒がしいことになってきております。
千駄ヶ谷から信濃町にかけては、よい散歩道ですけどねえ。
まあ新宿区がいいところですよ。
そんなこんなの昨今の事情を見ながら
いま帰途についているところです(17日)。

BBL,東京バレエ団

BBL,東京バレエ団
まあ、今回、東京バレエ団もBBLの公演に
コラボしている感じですねえ。
公式サイトはここ
http://www.nbs.or.jp/stages/2017/bejart-celebration/index.html
確かに
東京バレエ団ベジャール作品を大切にしてきたし、そこにアイデンティティがあると思います。
そして
BBLの今回の来日公演に
なにか、次はどうなるんだろう、という何とも言えない
ものも感じます。
変な意味ではなく、今本当に来日公演がどんどん間隔があいてきているし
ダンサーもそれほど以前みたいに来ると言う感じでもない。
だから一つ一つがとても大事。
もともと舞台芸術なんてものは
その日のダンサーのコンディション、さらには
何を考えているのか、コンビネーションはうまくいっているのか
などいろいろな要素が重なってくる。

その中で一定の水準を保ってきたし、
キャストも事前発表がないというBBLのスタンスも
とてもよくわかる。
キャストで売れ行きが違うというのが、昔からとても顕著でしたし、
最近ではあるキャストでしか完売しない。

今回もジル・ロマンのBBLですが
どんな感じになるんでしょう。
ベジャールが現役でこの企画があったならば
違う演目なんでしょう。
新作も入ることでしょう。しかし
いまは彼を偲ぶ企画なんですよね。
大きな流れの中で長く所属しているダンサーには注目したいです。
本日からスタートなんですねえ。

明日から来週にかけての営業予定:HP

明日から来週にかけての営業予定:HP
明日から来週にかけて
かなり不規則になります。私とすると
年内の稼ぎ時で
どうしても来てほしいというところに出かけます。
店で待っているだけではだめですので。
 HPは
それほどぶれなく、かなり前に更新しておりますので
ご参照ください。
なお、このほかにも
予定がつまる可能性がある案件があり
その場合は随時
HP更新するようにいたします。

まだ日本が成り上がっていた時の写真

まだ日本が成り上がっていた時の写真
まあ、見る機会があったらじっくりと見てみるとよいと
思います。
本当はチャンスがあったら
鹿児島の知覧に行ってみることをお勧めします。あそこで
写真、手紙を読むと
いろいろと考えさせられることが多いと思う。
まあさておき、
高度経済成長の時の写真でもよい、
全共闘世代の写真なんかでもよい、
大阪万博のころの写真
東京オリンピックの時の写真なんかは
いまでも
いろいろと取り上げられるので
観る機会があると思います
何を見るかというと
そこに映っている人の目を見るのです。

何を感じるかは人それぞれでしょう。
しかし、いま日本が失ったものがあるかもしれません。