読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボリショイバレエ「ジゼル」追加

ボリショイバレエ「ジゼル」追加
公式サイトはここ
http://www.japanarts.co.jp/bolshoi_b2017/index.html

ジゼルもザハロワと別に
もう一回行くこととしました。
もう少し
時間を見ていたかったのですが
席がどんどん売れている。
仕方なしに抑えました。

まあ「ジゼル」は
予習の範囲では
かなり早く
踊りで見せるものなので
無理をしても
行こうと決めました。

本当はさらにもう一回行きたい。それは一応あきらめております。

さてと
今回もボリショイ公演
楽しみというか
ばてないように細心の注意をして健康管理ですね。

思いのほか早く
チケットをそろえはじめました。

しかしまだひと月以上あるんですよねえ。

昨日の代々木公園周辺、芝公園:感想

昨日の代々木公園周辺、芝公園:感想
代々木公園周辺といっても
代々木上原とか少し離れたところですが
朝早い時間から
モーニングなのか店がほとんど開いていた。
10時前には
満員に近い店もあって
驚いたものです。
うちの近辺は
遅く開ける店が多いので
需要があるんだなあ、とみておりました。
その中でパン屋さんがやっている
カフェに近い(コーヒーとか
あまり気にしていない模様、パンはかなりこだわっておりました)
に入ってみました。
年齢層は若く
日曜日朝にこれだけ
何をしているんだろう?とさえ思いました。

他には
夜、私は入ったことはないのですが
かなりにぎやかな店も開いており、一杯でした。
この店は夜は
かなりきれいな女の子や
かっこよい男の子がたくさんいる店です。
いつだったか、コンサートの帰り
歩いて前を通った時思わず振り返りましたから。。。

どうにか
このような人を呼ばないといけないんだ、と思った次第です。

逆に芝公園周辺は
増上寺とかあるんですが
いまからすでに
GWの休みの日程が書いてある張り紙が出ておりました。「休むんだなあ」と
思った次第です。
あと不思議だったのは
竹芝桟橋方面に人の流れができていたことです。
これは
観に行けませんでした。

当然
新国立劇場で「フィガロ」やっているのわかっており
近くに行ったのですが、寄れませんでしたねえ。残念

さてとGWの何かイベントでもやるかな

さてとGWの何かイベントでもやるかな
GWは正月、お盆とともに
うちの主たるお客様が旅行に出かけてしまうので
店とすると閑散とします。
今の予定でも
GWに間に合うように、というような注文が多い。
そうなると
GWにわざわざ出かけてくれる人のために
何か特別のボーナスを
考えなければならない。
ということで

鑑定の終わりの段階で
もう一度
他に何か聞きたいことはありますか?と
すべてのお客様に聞くことにします。
それにこたえて終わるまで終わらない。

そんな感じで
一応、GWのイベントとさせてください。
ここまで言うからには
ガチの鑑定です。
どうぞよろしくお願いいたします。

久しぶりに宣伝です。

最近、梱包材とか商品を包むビニール硬く切れにくくなった

最近、梱包材とか商品を包むビニール硬く切れにくくなった
どうも
梱包を解いたりしていると手を切ることが多くなった。
またひどいときには
個別に包まれたビニールのまま手を汚さないように
食べ物を(ケーキなどやチョコレートが多い)口に持っていくと
口の周りが切れる時が出始めた。
すべて鋭い。
さらに
シャンプーや洗剤関係も
補充用の詰め物のビニールの切り口が
うまく切れないものもある。

あと
逆に
これでもかと
開かないように
きつく詰め込んでいる生菓子などもあるので
いかにクレームが多いのかとともに
原価削減の努力をしているのだなあ、と
実感する。
やはり
もう限界まで来ているのでしょう。

いやー不景気な景色を見せつけられた

いやー不景気な景色を見せつけられた
昨日、私の会社での
新たな一年ということで
宴会を行ったのですが
どうも不景気。
街の景色が不景気すぎる。
商店の人も
もう少し努力したら、というくらいに
洗いざらしの洋服を着てだらしないし
会場のところも
他にお客様は少なく
どうもやりにくい。
街行く人も
不景気というか、だらしない人が多く
もうどうしようもない感覚に包まれました。

ベイスターズハマスタぐらいが活気があったかなあ。

なんというか自分で自分の首を絞めているというのはこういうことを言うのか
と思うほどに。というのは
街を歩いて楽しくはないのです。
これでは人は集まらない。もっと言うと犯罪の手前みたいな事象が街に
多すぎる。
電柱の張り紙は
「もっと静かに」とか
「ごみを捨てるな」とかですし
当たり前のことを書いている。
だから余計に嫌になる。こんなことを張らないほうが良いと思う。
こんなこともできない人が多い町なのか、と思ってしまうと幻滅するよ。
まあ、とにもかくにも
GWを経て新しい年度はスタートしております。
そういえば税金関係
支払い済みでも来る。しかし0円で。そんなもんだなあと思いました。

ボリショイの「ジゼル」前回、1999だと思う

ボリショイの「ジゼル」前回、1999だと思う
その時、いまの「ジゼル」と違うよね?

たぶん、ワシーリエフが芸術監督だと思うけど
「ジゼル」は全幕だとボリショイの場合は
次までかなり時間がかかるね。
パリオペラ座も
ヌレエフの「シンデレラ」の時以来ですから
来日系で「ジゼル」嫌われるのかね?
マールイは毎回のごとくでしたので
意外と気が付いていなかった。

友人にレベツカヤがいたりするんだ。

となると
今回このグリゴロがらみの振り付け、初めてなのか?
何か意外と珍しいと思った。

すみません記憶で書いております。

「人は見た目が100%」フジテレビ ドラマ

人は見た目が100%」フジテレビ ドラマ
公式サイトはここ
http://www.fujitv.co.jp/hitopa/

とうとう昨日でアウトでした。初日からイライラしておりましたが
さすがに昨日で私は観るのをやめた。
桐谷美玲は「スミカスミレ」みたいな役どころが良いでしょう。
そして
彼女を美しくするというわざとらしさは、無理がある。
確かに
初回は
桐谷美玲水川あさみをじっくり見ることができて
意外と絶妙なバランスの上に女優という商売ができているんだなあ、と変な
感心をしたものですが、今回はさすがに無理だった。
まともな格好をすれば
まともになるの見え見えです。
そのあとの話が面白いのかもしれない。しかし
「見た目が100%」というからには
見た目にこだわってほしい。
私は男のほうに
見た目を期待した。女性が彼を選ぶときに
ルックス至上主義を期待したんだが
つまらない、女の子のコンプレックスの話に成り下がっていた。


ここで違う話ですが
見た目、というか第一印象はかなり重要です。
何が重要かというと、
オーラなんですが、それと「目」。これで十分。
人は目が大事。

目を鍛えることはできない。それは日常生活で養われる。
うちのお客様でも
たまに目がすごく
きれいな人がいる。
話を聞いていると、何らコンプレックス持っていないし
素直な学生生活を送っていた人に多いです。
これは指摘してあげるのですが、すごく大事なものを失っていないということです。

ドラマに話を戻して、
まあここからの展開を期待します。
一つ感じたのは
桐谷美玲
剛力彩芽とともにもう少し深夜枠に近いところで鍛えたほうが良いのではないだろうか?
「スミカスミレ」も遅い時間帯だったし。
終始良いのは「ブルゾン」。こうなったら主役交代して展開していったほうが
すごくわかりやすいと思う。