読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20年を経て感じる景色の変化

20年を経て感じる景色の変化
一番感じるのは
山手の洋館が増えたということです。
ちょうど山手を洋館展示場みたいな流れにすることになっていた時代でした。

あと
感じるのは元町商店街の変化でしょうか。
店が変わったのは当然ですが
歩いている人のファッションも
変ってきた。

さらには裏通りがかなり開発されて
流れが生じ始めたということでしょうか。

飲食の街になりつつあると実感しております。
しかしこうして思い出してみると
あまり変化のない街ですね。

本当に昔、あるお客様が言ったことを思い出します。
「街というのは
高い建物がいったん建つと、自然発生的な街並みは
壊され、もう二度とも出れなくなる。
まだここはそれがなく、昔ながらの景色が残っているから
良いほうだよ」という言葉。

変らないということもよいことかもしれない。