読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大恋愛って何だろうね。

大恋愛って何だろうね。
以前、舞台「大恋愛」について書きました。
懐かしい芝居です(エビス再開発の時の劇場で上演された作品、あまちゃんメンバーの原点みたいな感じ)。
ここでも恋愛ごっこにとどまっていた。
当時は、「好きです」と面と向かって言うのが恥ずかしい世相がありました。
その後
数年前、実は今、純愛がブームではないか、と書いたわけです。
純愛というのは
形が変わると、今流行りのガッキーのドラマみたいに
気持ちだけで、肉体関係のないピュアなもの、と考えられると思う。
しかし純愛は
昨日の相思相愛パターンです。

でも、冷静に考えて
相思相愛なんて、あると思います?
自分が好きな人が、自分を好きになってくれるなんて、あると思います?
あるとしたら
一緒に仕事したり危機を乗り越えたりしたときでしょう。
これって恋愛映画、恋愛ドラマなわけです。
だから
映画のような、ドラマなような恋をした時、
本人同士と周りの認知があったときに成立すると思うのです。

では大恋愛とは?
そこに
ロミオとジュリエット」のような瞬間で燃え上がり
さらに障壁がある場合、それでもお互いの愛を貫こうとした場合なんでしょうかねえ?
ちょっと疑問です。
あんなケースそう簡単にない。

私が大恋愛だと思うのは
時間が必要なんです。
ある時を経ても変わらない気持ちが必要なんです。
そう昨日で言う「想い」。
これを持ち続けて
かつ
偶然、再会するパターン。
だんだんドラマになるけど、しかしここにお互い家庭や仕事のしがらみがあり
一緒になれない事情がある、それでも
昔の気持ちを貫きたい、そんなときに生まれるのが大恋愛だと思うのです。
家庭があるということは
妥協の結婚もしたんでしょう。
だけど、やはり好きなんだよねえ、それを忘れることができないんだよ、という感じでしょうかね。
破滅するしか道は残っていないようでしょう?

しかしあるんだこのケースが。世の中人間の数だけ
恋愛パターンがあるんですよ。本当にいろいろな出会いがあるんです。

そのなかで
上記のように
時間を経ても変わらない気持ちを認識したときに
自分の本当の気持ちを知るのでしょう。

だから出会ってすぐに大恋愛はないと思う。それって単に自分たちが思い込んでいるだけ。

もしチャンスがあれば
人生で本当に好きだった人って誰かな?と考えて
その人がいそうな
同窓会なんて参加してみるのも手かもしれません。ご参考までに。

えっ、女子高?男子校?だったって、それは知らないよ。