読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

固定資産税の時期ですが地方は売却価格と税額が不一致

固定資産税の時期ですが地方は売却価格と税額が不一致
まさに
地方の土地は
実際に売れる価格と
固定資産税課税額が大幅に不一致しております。
どこかで是正しなければならないと思いますが
土地が売れないから下げるが売れない、という悪循環です。
いま日本で土地に値段が付くのは国土で言うと
1割程度ではないかな。
あとはその他。
しかしそこも固定資産税がかかる。
そうしないと地方財政破綻しますからね。

土地と不動産はこれからは負の財産となりうる。
気を使ないと借りたほうが安くなりますよ。
しかしうまくできていて
土地の価格以上に
賃貸は高くなっている。
では自分で家を作ったら?となるが
いったん作ると売れない。
そんな循環です。

実際
知らないふりをみんなしているわけで。