読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TBSのドラマ「カルテット」

TBSのドラマ「カルテット」
公式サイトはここ
http://www.tbs.co.jp/quartet2017/
昨日ちょこっと観たんですが
俳優陣、いいですねえ。
それで
本当に四重奏楽団なんですね。
昔、といっても25年位前ですかね
フランス映画で「カルテット」という題名の映画がありましたが
あれは人間模様だったと思う。
音楽系では当時、エマニュエル・べアールの出ている「愛を弾く女」
とかいう題名が面白かった記憶があります。
さてと
TBSのほうは
演奏がうまいプロの演奏者たちではないみたい。だからアナザーストーリーがある。
初回観ていないから何とも言えませんが
みんな登場人物がめちゃくちゃ。裏がある。

私が観ていて信じられなかったのは
松田龍平さんが演じるところの役
振った女に、自分が振られて
乗り換えようとするところ。あれはやっちゃいけませんよ。
またこの振った女の子。33歳から婚活して
その相手とゴールイン。つまらないなりに
結婚を決意。しかし
平気で前に好きだった男と寝てしまう。
この辺考えさせられる。

それで結婚式。ソロを託されて
演奏するが女の子が一瞬立ち止まるんだよね。あそこ微妙だろうな。
気持ちは戻りたい、
しかし義理もある。選んでくれた相手とその家族への義理もあるというところでしょうかね。

今回はこの一瞬の話にとどめておきますが、
松たか子がエンディングの音楽を歌っているから、その雰囲気からすると
今劇中のあの恰好は何かの伏線なんでしょう。
ということで
一応来週も見てみますか。
松たか子さんは主演デビュー作の岩井俊二監督の映画「四月物語」がお勧めです。岩井俊二監督の映画は
このころ素晴らしい。今もですけどね。
満島ひかりさんは園子温監督の「愛のむきだし」がすごい。
高橋一生さんは先日のクリスマス特番、多部未華子さんとの元町でのデートのドラマがいいねえ。
ラストシーン元町プラザだからねえ。あんな良いシーンあそこで撮れるとは思っていなかった。
松田龍平さんは「あまちゃん」からまだイメージが抜けていない。

以上です。
個人的には
21時台の
剛の「噓の戦争」を押しております。
公式サイトはここ
http://www.ktv.jp/uso/index.html

木村拓哉に負けさせるわけにはいかない、と思っております。
今度こちらを中心に話題があったら書いてみます。
すごい引っ張って作っているのでラストシーンが
市村さんが消えるんだろうな、という予想はしているんですけど、、、、。難しい。
剛君はいい演技しております。対する藤木直さんもなかなか。

しかし今のドラマって同じ人で回している感あり。観ている人飽きないかな?