読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正月にはお勧めかな映画 「あやしい彼女」 By 多部未華子

正月にはお勧めかな映画 「あやしい彼女」 By 多部未華子
公式サイトはここ
http://ayakano.jp/

まあ多部未華子は私の今のところ
一押しの女優の一人ですけど、それを抜きに面白かった。
歌手デビューしてもいいのではないかな?と思うほどにかっこよかったよ。

音楽担当に最後のクレジットからすると小林武史さんが入っていたけど
なるほどと思わせてくれた。昭和歌謡かっこよく決まっているもんね。

内容は少し「スミカスミレ」に近い。上演時期も
ほぼ同じだったのはおかしかった。それだけでも
この二つは、パロディみたいでした。
「スミカスミレ」の
公式サイトはここ
http://www.tv-asahi.co.jp/sumikasumire/

そして「あやしい彼女」
この主人公の二人は
多部未華子桐谷美玲)は
映画「君に届け」で共演しているんです。三浦春馬を好きになるライバルとして。
まあ多部未華子が勝つのですが、、三浦春馬君は
先日あげた、TBSのドラマ「私を離さないで」
公式サイトはここ
http://www.tbs.co.jp/never-let-me-go/
でいい演技していましたし、この3人意外と最近私の中ではいろいろと被っております。

私の中で勝手にかぶっているなあ、と思っているだけで本人たちは何とも思っていないだろうし、
観ている人も何にも感じていないと思うのですが、
3人ともいい感じで伸びていると思います。

さてと
「あやしい彼女」は「ローマの休日」パターン。これっていつか書きましたが
「校閲ガール」に私が求めていたパターンなんです。
公式サイトはここ
http://www.ntv.co.jp/jimisugo/

しかし校閲ガールでは実現しなかったが
「あやしい彼女」は実にふんだんに夢があった。
もう最後のシーンなんかたまりませんな。
あれすべてだね。
最高の夢だ。だから映画はたまらないんだ。
そう、最高なエンディングです。

しかし私のお勧めは途中の
多部ちゃんバンドの昭和歌謡と踊り。
かっこよいぜ。

出演者は少し年齢が高いので
観る時のハードルは高いかもしれない、また
賞をとかとるとかの評価はされないかもしれないが、しかし
たまらない魅力のある映画でした。
もう輝きまくっている。そのくらい気に入りました。
ショッピングセンターで母親をねぎらう気持ちなんかも
笑いとともにジーンとくるものがあったし、
どうだろうか?正月の最後に観るのもよいかもしれない。

そんな感じの映画です。お勧めです。
初夢には最高です。