読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サービス業の担い手が良質のサービスを受けていないという事実

サービス業の担い手が良質のサービスを受けていないという事実
最近何回も書いていると思いますが
「おもてなし」という割には
サービスの低下が著しいと思う。
よーーーく考えてわかったことですが
サービスを提供するものが
「おもてなし」と言われることを経験していないのではないのか?と思いいたるようになりました。

これはかなり真実だと思う。

いま「おもてなし」を実体験しているものは
サービス業につかない。

これは悪循環を招いているのではないでしょうか?

では昔は?

上司が
年配で
そこからの教育指導があったから、と
考えております。
すなわち
祖父祖母から孫へ、
さらには親子間でも教育が入り、
地域の人間関係からも
ある程度
しつけられていたのではないでしょうか?

そう考えると
すごく納得がいくくらいに
今の世の中非常識なサービスが提供されていると思う。

以上から今後
サービスの向上はないと断言します。