読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本は今、考え方がうちに向いている気がする

日本は今、考え方がうちに向いている気がする
一応、社会風俗的には解放的な風土はあると思うんですが
実は考え方や思考はうちにうちにと向いている気がする。

私個人の見解かもしれませんが
内需に対して製品を作っている企業は
大丈夫かと心配になる。

いま日本の伝統産業は世界市場がある。
ですから
内需って
マスコミや広告代理店
システムインテグレーターなんかを今は指すような気がするのです。

外国に向かって業務展開をしている企業は
国内のシステムインテグレーターがいらないでしょう?
必要だとしたら
国際入札をできる人材がいない企業かもしれない。

翻訳ソフトなんかも
日本語がネックになっているなら
抜いて作るという発想も重要なもしれない。
日本語は日本人との
ビジネスや観光でのみ利用するのみ。

政府はこのビジネスの先行きを見越して
「カジノ」で観光立国という発想だと思うが
そこで重要なのは
警備ですね。

今の若い子は
伝統産業でもいいから海外に出て行ってほしい。そこで
アジア諸国の人間とビジネスで戦うのです。
より良い暮らしを目指すという動機は何物にも代えがたい力になる。

伝統産業の職人の技術はAIで簡単にまねされる。しかしそこに技術移転しなければ
先にやられた方に負けることになる。

今はノンストップの勝負で、
かつ
AIの成長との勝負です。なんて楽しい勝負なんだろうか?
今の若者がうらやましい。
国境なんてないんだよすでに。もし国境を意識するときは
保守的な勢力が出てきたとき。人間同士の喧嘩が始まるよ。
その時は、あきらめて撤退するべし。止められない。