読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤンソンスのマーラー9番

ヤンソンスマーラー9番
いまだに耳に残っている。
どうのこうのというよりも
先ほども電車の中で書いておりましたが

オーケストラの音の世界、それがマーラーの9番。

オーケストラの音の祭典、それもどの楽器も平等に。

さあ新しい音楽の世界を開こう、それが
マーラーの叫びだったのではないか?

そして進化する予定だった
その究極の曲は9番。

思わず、そんなことを感じました。

ヤンソンスマーラー9番は
死とか愛とか、というよりも
純粋たる音楽としての音の
玉手箱のようなものでした。

ヤンソンスが指名した演奏家たちはみんなうまかった。

このような音を毎日聞けたらなあ、という欲張りな
願望が生まれました。

個人的には
生まれてから(第1楽章は、生まれるまでの愛の営みから
子宮のなかと言う感じでしたが)
青年期
活動期
死への過程
ととらえられましたけどね。
違うかな?

まあ個人の感想ですから。