読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やはり白人の苛立ちというのはかなりのものなんだろうな

やはり白人の苛立ちというのはかなりのものなんだろうな
今年やけに顕著になった気がする。
歴史上見ても
このことは当然のごとく扱われていたけど、
これからの時代には
合わないような気がするが。

しかし
過去数百年にわたった
優位性を手放したくはない、という気持ち
は確かに感じ取られる。

そして
他国を排除する
発想もかなり主流となってきたと考えなければならないのではないだろうか?

この他国というのも
必要な国と
いらない国の線引きはしっかりとできてきた。

こんな時は
内需の充実を図って
すぐに変化への対応をはからなければならないのだろう。
頼れるのは自国である。まずは。