読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸:ノンストップの迫力

真田丸:ノンストップの迫力
とうとう、昨日の放送あたりから
ノンストップの勢いが出てきました。
これは
三谷さんの勝利です。本当は視聴率がもっとほしかったのですが
仕方なし。
ただ、近年まれに見る「大河ドラマ」になってきたと思う。

そのくらいに勢いがあった。

信之のあのセリフ、

大野治長の腹のくくり方、

茶々の背景とドンピシャにあったメイク、あと行動

すべてにスピード感がありました。

当然武将たちも。

行ける、勝てると思わせるあの演出もさえていた。

本当に
観ているものを
関が原以降
ここでも勝てると思わせるところがすごい。
いや、関が原は、
勝てると思わせていなかったと思う、それはこの日との対比なんでしょう。

関が原の時は描き方は、上杉景勝のところは良かったが
あとは勇み足っぽかったんですよね。
ところが今回は決まっている。
結果はダメなんだが、物語とすると
血沸きあがるよ。

大坂の陣はこうでなければならない。
真田太平記」とともに残るドラマになりそうです。
いやなったと思う。

ここからは観ないと損をすると思うけどねえ。

私も日曜日は空けるようにする。